このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の肌に合う化粧品選び

 

お試しがあれば使って見る

化粧品が自分の肌に合うかどうかを見るには、やはり試して見るのが1番です。

 

2〜3日では結果が分からない事がありますので10日前後は試してみると良いでしょう。

 

肌にトラブルが起きないか、ハリ・ツヤはどうかなどその結果を見て決めるようにしましょう。

 

年齢に合わせて選ぶ

若いころから使っていたお気に入りの化粧品でも、加齢とともに年代に合った化粧品に変えて行くのが大切な事です。

 

若いころの肌に必要な栄養と40代や50代になってくると肌に必要な栄養にも違いが出て来ます。

 

加齢とともに肌のハリ具合や、乾燥の度合い、しわ、たるみ、などのトラブルも変化して行きますのでそれに合ったものを選ぶようにしましょう。

 

年齢に合う化粧品を選ぶ場合、口コミサイトを確認するのも良いでしょう、自分の年齢と同じ人の口コミも大変参考になります。

 

化粧品には40代向けにとか50代向けになどと記載してあるのもあります。特に美容液は保湿力のあるものを選ぶ事が大切です。

 

浸透性の良い商品を見つける

ある程度年を取ると、肌の内側から働きかける化粧品がおすすめです、そのためにも浸透性の良い商品を選ぶ事が大切です。

 

肌に良く浸透しているか見極める事が大切です。

 

価格で決めない

化粧品の価格はメーカー側の判断で価格を決めるています。

 

色々なメーカーがありますが価格をこうして決めなさいと言う決まりはありません、メーカーの自由です。

 

2000円のものより4000円の方が高価な良い成分が入っていると思い込んでしまいますが、中身の成分にそれほど違いがない場合もあります。

 

商品を宣伝するために有名な女優さんやモデルさんを広告に起用した場合、それらの広告費も化粧品の値段に含まれてくる事もあるのです。

 

価格が効果を保証するものではありません、その事をよく覚えておきましょう。価格で決めるのではなく、あくまでも自分に合う効果的な商品を見つけることです、

 

自分のサイフに見合った価格設定も長く使って行くには大切な事です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加